2008年01月06日

英語力がよくアップしたと思う時期

最近の英語の勉強は何もうまくいっていない。









英語の本とか読んだり、DVDでArrested Developmentを見たりしてるけど

やっぱり使う機会がないと伸びない。(海外にいるんだけど)

一番、伸びる時期というのはインプットとアウトプットの両方を行っているときだと思う。








僕が英語で伸びてるなと思ったのは人生で3回ある。

1回目は、大学2年の後半から3年の前半にかけてマンツーマン英会話学校gabaに通っていたとき。

このときは、gabaに行く前に、英語のDVDを見てインプットを増やして

gabaのレッスンでアウトプットの練習をするという感じで英語力を鍛えていた。

正直、「海外にいかないと英語力は鍛えられない」とか言うけど

海外にいる今より全然英語力が上達していっていたんじゃないかと思う。








でもgabaが高いせいで、長期間これを続けられなかった。

大阪にその後格安のサービスを誇るsalaというのを発見したのだが

それをもっと早くに発見できていれば、もっと続けれて結果は違ったのかもしれない。








留学する前(大学4年)で、今度はその英会話学校salaに通い始めたのだけれど

内定先のバイトで忙しく、あまりインプットを増やせず、このときはあまり伸びた気がしなかった。

(でもsalaはマンツーマンでも50分で3300円くらいで格安で良かった。

たしかgabaは計算したところ、40分のレッスンで5500円は払っていたわけで。

まあその分gabaはいろんな先生を選べるというメリットはあったが。)








次に英語力が伸びたと思ったのは、一気に最近になるが

2007年の11月くらいである。

この頃は授業のグループワークで集まる機会が多くて

ずっと英語を聞かされて、英語での発言が求められるわけである。

あとプレゼンテーションとかもあって、しゃべる機会も多かった。








3回目は、これも最近だが2007年12月にカナダを一人旅したときである。

スペインから来ている旅行者とずっと行動していたので、

当たり前だがずっと英語を使って、鍛えられた。









社会人になって、このような状況を作り出すのは難しそうだと思う。

頑張って、現状維持に励みたい。

ジョニー・デップインタビューESL Podcast53
posted by 番組 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

2007年12月に学んだ英単語

最近、英語の勉強してて思うのは、

英語の勉強は、始めるのが早ければ早いほどいいということ。









最近、アメリカと日本のハーフの友達が2人できてよくつるんでいるが

2人とも、家族全員で話すときは日本語で、

両親の片方とだけ話すときは、その親の母語を使うと言っていた。










なんでかっていうと、子どもは2つの言語(日本語と英語)をうまく使えるのだけれど

親はたいてい、第2言語の方が流暢じゃないのでその親の母語にあわせてしゃべるんだとか。










この話ってすごいことを教えてくれてるよな、って思う。

だって親は、その子どもが産まれる前から、外国語に触れてきたわけである。

でも子どもは外国語に触れてる期間は短くても

幼い頃から触れてる分、親の外国語力を超えていくわけである。

この話を聞いて、英語の勉強はASAPだな、と思った。









エニウェイ、最近学んだ英単語をメモしていきたい。



irk=to annoy or irritate somebody

credentials=the qualities, training or experience that make you suitable to do something

upheaval=a big change that causes a lot of confusion, worry and problems

residue=a small amount of something that remains at the end of a process

petition=a written document signed by a large number of people that asks somebody in a positon of authority to do or change something

underdog=a person, team, country, etc. that is thought to be in a weaker position than others and therefore not likely to be successful, win a competiton, etc.

expedition=an organized journey with a particular purpose, especially to find out about a place that is not well known

exhilarate=to make somebody feel very happy and excited

the intricacy of something=the complicated parts or details of something

integrity=the quality of being honest and having strong moral principles

savvy=practical knowledge or understanding something

gauge=to make a judgement about something especially people's feeling or attitudes

elated=very happy and excited because of something good that has happened, or will happen

strike a chord=to say or do something that makes people feel sympathy or enthusiasm

tenure=the period of time when somebody holds an important job, especially a political one

ignite=to start to burn

blackball=to prevent somebody from joining a club or voting against them

fend for yourself=to look after myself without help from anyone else

circumcise=to remove the foreskin of a boy or man for religious or medical reasons

arson=the crime of deliberately setting fire to something, especially building
posted by 番組 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

最近覚えた英単語

最近覚えた英単語をメモしておきます。


collateral=proporty or something valuable that you promise to give to somebody if you cannot pay back money that you borrow

hire purchase=a method of buying an article by making regular payments for it over several months or years.

levy=to use official authority to demand and collect a payment, tax, etc

elusive=difficult to find

deploy=to move soldiers or weapons into a position where they are ready for military action

robust=strong and healthy

dwindle=to become gradually less or smaller

adamant=to determined not to change your mind or to be pursuaded about something

dilute=to make a liquid weaker by adding water or another liquid into it

backfire=to have opposite effect to the one intended, with bad or dangerous results

doggy bag=レストランで残りを持って帰る時に使うバッグ。
posted by 番組 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

リース・ウィザスプーン名言

リース・ウィザスプーンがオスカーのスピーチで語った言葉を英語のまま紹介します。


I'm just trying to matter, and live a good life and make work that means something to somebody.


(私はただ重要でありたいと思っているの。いい人生を生きて、誰かにとって何か意味のある作品を作りたいの。)




"I am just trying to matter."の訳がなかなか難しいです。

matterは、「重要だ」という感じの形容詞的な動詞なので、ちょっと変わっています。

important(重要な)と意味的には同じですが、形容動詞になるとmatterと大きく変わるところが日本語の構造と違うな、と思わされます。








この後、リース・ウィザスプーンはオスカーを取れて

少しは、上で言ったようなことが実現できてるのかな、と思う。だから本当にうれしい

と語ります。
posted by 番組 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

経済学の用語を英語で

経済学、というか主に会計学の用語を英語でなんていうか

最近覚えたのでメモしておきたい。








Accounts receivable=売掛金

Accounts payable=買掛金

salvage value=残存価値


今思いつくのはこれくらいだ。








こっちの経済の授業(ビジネスだけど)は思ったより理解に苦しむことなくやっている。

まあほとんどが日本でやったことのある内容なので予想できる。

問題は日本で聞いたことないやつ、

特に税制とかカナダ特有のものがあってそれに手を焼いている。











まあ単位取れてるから真剣になることもないんだけど、

後輩たちが、また交換留学で来れるように

テキトーにがんばってあげようと思う。

経済学入門書
posted by 番組 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

英語の勉強これから

留学に来て1ヶ月がすぎようとしている。

ここ最近感じるのは、目の前に立ちはだかる壁。

聞き取れるのだけれど、しゃべることに関してはひどい。

改善の兆しすらみせない。










でも最近、ポジティブに考えられるようになってきた。

もう別に英語で相手が言うことわかるのだから、これでいいんじゃないか、と。

僕の目的は基本ビジネスで使えたらいい、というだけで、

別に通訳になろうってわけじゃない。

だから今のレベルで十分なんじゃないかと。











まああと伸ばすとしたら、全然ないので単語力と、

あと北米圏以外の英語を聞き取れるようになること。

イギリス系の英語とか、中国人の英語とか、

そのへんの聞き取りを改善していけたら、ビジネスでも活きるんじゃないかと思う。

僕のバイト先でも、英語で話す人といえばイタリア人なわけで、

その人たちの英語はまた普通のと違っていて、なかなか難しい。












こんな感じで頑張って生きたい。

また最近覚えた単語を書いていきたい。







mob=a large crowd of people, especially one that may become violent or cause trouble.

enchant=to attract somebody strongly and make them feel very interested, excited, etc

knack=a special skill or ability that you have naturally or can learn

lavish=large in amount, or impressive, and usually costing a lot of money

underdog=a person, team, country, etc. that is thought to be in weaker position than others and therefore not likely to be successful, win a competition, etc

rampant=existing or spreading everywhere in a way that cannot be controlled

elusive=difficult to find, define, or achieve

impede=to delay or stop the progress of something

focal=central; very important

にほんブログ村 英語ブログへ
posted by 番組 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

TOEICのスコア上げるためにも英単語を覚えていきたい

6月にTOEICを受けたとき、単語力が足りないといったことが

スコアに書かれていたのだった。

それを克服するために、英単語覚えて生きたい。





incumbent=a person who has an official position

scrape=to remove something from a surface by moving something sharp and hard like a knife across it

despise=to dislike and have no repect for somebody/something

depreciate=to become less valuable over a period of time

=減価償却

demography=the changing number of births, deaths, diseases, etc. in a community over a period of time

fad=something that people are interested in for only a short period of time

abduct=to take somebody away illegally, especially using force

=拉致する



英語力は上がっているのか

今はまだ実感はない。
posted by 番組 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Freaconomicsから学んだ英語

今回も、最近学んだ英単語を書いていきます。






indict=to officially charge somebody with a crime

shrewd=clever at understanding and making judgements about a situation

ledger=a book in which a bank, a business, etc. records the money it has paid and received

curtail=to limit something or make it last for a shorter time

contraception=the practice of preventing a woman from becoming pregnant

celibacy=a person who has chosen not to marry

endorse=to say publicly that you support a person, statement or course od action

proprietor=the owner of a business, a hotel, etc.

intact=complete and not damaged

spank=to hit somebody, especially a child, several times on their bottoms as a punishment

immune=that cannot catch or be affected by a particular disease or illness

elasticity=the quality that something has of being able to stretch and return to its original size and shape

calculus=微積分

bizarre=very strange or unusual

scrounge=to get something from somebody by asking them for it rather than by paying for it
posted by 番組 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

留学先で学んだ英単語

バンクーバーには、世界中の人がきています。

なので、全員違う英語をしゃべります。






今までしゃべった中で聞き取りにくいと思ったのは

シンガポールの英語だと思われます。

なんか中国語のイントネーションとかが混ざってて

かつ彼らは自分の英語に自信を持ってしゃべってくるので

聞き取るのがしんどいです。










エニウェイ、学んだ英単語を書いていきます。



entourage=a group of people who travel with an important person

repository=a place where a large number of things can be kept or stored

segregation=the act or policy of separating people of different races, religions or sexes and treating them differently

dormant=not active or growing now but able to become active or to grow in the future

sheriff=an elected officer responsible for keeping law and order in a country or town

intimidate=to frighten or threaten somebody so that they will do whatever you want

entrench=to establish something very firmly so that it is very difficult to change

disseminate=to spread information, knowledge, etc. so that it reaches many people

dilute=to make a liquid weaker by adding water or another liquid to it

bigoted=showing strong, unreasonable beliefs or opinions and a refusal to change them
posted by 番組 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学先で学んだ英語

バンクーバーに来て5日。

英語力はまだまだ向上の兆しを見せない。

エニウェイ、学んだ英語を書いていきたい。








Sparkling water

=炭酸水

水を買いたくて、思わず買ってしまった。

Spring water(湧き水)と同じ感じなのかと思ったけど、

大きな間違いだった。










ここからはFreakonomics(ヤバい経済学)を読んで出合った英単語を紹介していきたい。

homicide=the crime of killing somebody deliberately

=殺人

proliferation=the sudden increase in the amount of something

=急上昇

plummet=to fall suddenly and quickly from a high level or position

=急降下

frivolous=silly or amusing

flunk=to fail an exam, a test or a course

=落第する。単位を落とす

maim=to injure somebody seriously, causing permanent damage to their body

=ケガさせる、重傷を負わせる

primordial=existing at or from the beginning of the world

probation=a system that allows person who has commited a crime not to go to prison if they behave well and if they see an official (called probation officer) regularly for a fixed period of time

correlate=if two or more facts, figures, etc. correlate or if a fact correlates with another, the facts are closely connected and affect or depend on each other.
posted by 番組 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

経済学の勉強してたら出てきた英語

Terms of trade

交易条件

輸出価格/輸入価格で算出する。

これが上昇するということは、輸入品に対して払う金額が減るということなので、いい事とされる。




Which of the following is true about the biased growth?


バイアスド・グロースについて正しいのはどれか?


Import-biased growth makes the economy better off.

輸入にバイアスがかかった成長は経済厚生をよくする。




What is "immiserizing growth"?


"immiserizing growth"とは何か?


Export-biased growth that worsens terms of trade so that a country is worse off as a result.

輸出にバイアスがかかった成長は交易条件を悪化させ、国全体の経済厚生を悪化させる。

別の説明


If growth is heavily export biased it will lead to a fall in the terms of trade of the exporting country, in rare circumstances this fall in the terms of trade may be so large as to outweigh the gains from growth, this situation would cause a country to be worse off after growth than before.


What is the "transfer problem"?


"transfer problem"とは何か?


The fact that international transfers affect terms of trade when they are not taken into account.


国際的な移転が、交易条件に変化を与えてしまうこと。




If the production of the exportable grows faster than that of the importable it is called export-biased growth.



もし輸出可能な商品の生産が、輸入可能な商品のそれより速く成長するとき、それは輸出にバイアスがかかった成長と呼ばれる。


PPF(production possibility frontier)

生産可能性フロンティア



Biased growth in the food industry (in either the domestic or foreign country) will raise the relative price of cloth and raise the terms of trade for cloth exporters.


バイアスのかかった食品での成長は、服の相対的な価格を上昇させ、服の輸出国の交易条件を上げる。


Biased growth in the cloth industry (in either the
domestic or foreign country) will lower the relative
price of cloth and lower the terms of trade for cloth
exporters.




バイアスのかかった服業界での成長は、服の価格を下げて、服の輸出国の交易条件を下げる。




【解説】2財を食品と服に仮定して話をすすめています。
posted by 番組 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

英語版小悪魔:Play hard to get

Steps

Sit near him in class, but don't speak (guys dig it if you are laughing, or talking to your friends, paying no mind to them).

Flirt with another guy, and make him jealous! he may start to realize that he really does like you.

Start talking to him and try to be laid back and cool when around him. Try not to get nervous, or fidgety.

Don't fall for someone who has a girlfriend!

Don't hug him. Maybe, possibly, SLIMLY, a smile in the hallway, but thats it.

Barely talk to the guy, but still talk to him. Show your interested, but not TOO interested.



Tips

Don't call all of the time, trying to do something. Call once, leave a message, and if they don't return it, they might just not want to be with you.

Look at him in the eyes, and act like hes just a class mate, not a crush.

Hug and talk to other guys, but don't try to let the other one know that you like him, because that will just cause trouble.



Warnings

Watch yourself here - don't overdo it. He may lose interest and move on.

And whatever you do DON'T ACT DESPERATE!

If you don't look good or like your having fun, forget honey. HE WILL MOVE ON.



Things You'll Need

a killer smile

a sense of humor

confidence

a journal or blog to vent about how much you hate being hard to get and how it would just be so much easier if you didn't even like him!

common interests

self-dicipline





なんか最近、デスパレートな妻たちを見ていたら

"Play hard to get"という表現が出てきてて

気になったので調べて見ました。









日本で言うと「小悪魔になる」っていうのが

Play hard to getということに近いのかな、と思ったりします。








上を訳してみますね。







【ステップ】

1、クラスで彼の近くに座り、話さないこと。(あなたが笑っていたり、友達としゃべっていたりして、男に注意を払っていなかったり、男は追いたくなるものである。)

2、他の男に愛想を振りまくこと。そして彼に嫉妬させよう。彼はあなたのことが好きだと気付き始めるだろう。

3、彼に話し始め、彼の近くにいるときはリラックスして冷静になること。

4、彼女がいる人を追いかけないこと。

5、ハグしてはいけない。笑顔で十分。


【ヒント】

ずっと電話してはいけない。一度電話してメッセージを残し、折り返し電話がなかったら、彼はあなたと一緒にいたくないのかもしれない。

彼を目から見て、彼はただのクラスメートのように振舞うこと。

他の男にハグしたり話しかけたりすること。しかしその男に勘違いさせてはいけない。それはトラブルになるから。

【警告】

注意しよう。やりすぎてはいけない。彼はあなたへの興味を失い、他へ移るだろう。

何をするにせよ、必死になってはいけない。

見た目がよくなかったり、楽しそうに見えないないなら、忘れよう。彼は次へ移る。

【あなたに必要なもの】

キラースマイル

ユーモアのセンス

自信

自分の気持ちを吐き出すためのブログや日記

共通の興味

自律心








日本もアメリカも恋愛の戦略は共通ですね。
posted by 番組 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ジョニー・デップ娘を語る

パイレール・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの公開が楽しみな

ジョニー・デップさんからの英語を紹介します。










重い病気を患った娘さんについて語ってくれています。


What got us through this wasn't the strength of Vanessa or me but our daughter and her incredible ability to make us feel OK even though she was very unwell. She was super-strong.




【意味】私たちがこれを乗り越えらられたのは、ベネッサや私の強さではなく、娘の力なんだ。あと娘は体調が悪いにもかかわらず、大丈夫だという気にさせてくれた。娘はとても強いんだ。


【解説】ジョニー・デップは本当に強く娘さんを愛されていたので、想像を絶する心理状態になったんじゃないかと思います。




It was a reminder to us of how lucky we are to be able to breathe, walk, talk, think and surround ourselves with people we love.




【意味】これによって、呼吸したり、歩いたり、考えたり、愛する人と一緒にいたりすることがいかに幸運なことかを再認識することができた。


【解説】大事なものって、失ってみないとその大切さがわからなかったりします。



関連サイト:ジョニー・デップ名言集
ラベル:映画 ハリウッド
posted by 番組 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

映画バベル感想

今日は海外にある映画レビュー投稿サイトから

映画バベルの感想を紹介したいと思います。

もちろん、英語つきで。




感想1




"Babel" is a highly rare and highly intelligent film that is able to seamlessly sew together vastly different story lines, spanning multiple countries and multiple languages. The first world is shown along side the third world, and people in Mexico, Los Angeles, Morocco, and Japan all flow together into one story of angry, ignorant, masculine rage. If this truly is the state of the world, then we really are in trouble.





【意味】「バベル」は非常に貴重で、非常に聡明な映画である。バベルは様々な国や言語からのストーリーを縫い目なく縫い合わせている。最初は第3世界の国で始まり、メキシコ、ロサンゼルス、日本の人々がその怒りや無知、力強い怒りの話に入っていく。もし世界が本当にこのような状態なら大問題だ。




【解説】バベルのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、「縫い目なく縫い合わせる」映画を作るのが得意だと思います。





感想2




Babel is my film of the year, and probably the best film I've seen in quite a few years. The film looks at relationships, from husband/wife, parent/children, brother/sister and plays around the themes of love in adversity. The characters are all interlinked in a very random way, it's a little like 10 degrees of separation. The film is set in Morocco, Mexico, Japan and the US, and the director makes full use of the different backdrops to bring the picture alive. The characters are deep and insightful, each has a problem to face up to and the subtle, naturalistic way their issues play out make for truly emotional cinema.



【感想】バベルはここ1年でベストの映画で、おそらくもっと長い中でも私の中でベストの映画だ。この映画は人間関係を夫/妻、親/子ども、兄弟/姉妹といった観点から映しており、様々な形で愛というテーマの中で表現している。登場人物はあらゆる方法で相互につながっており、それは10次の隔たりのようである。撮影はモロッコ、メキシコ、日本、アメリカで行われ、監督は様々な背景を使い、人々を生き生きと描くことに成功している。登場人物たちは深く、洞察力があり、誰もが問題を抱え、それが真に感動できる映画を作ることに貢献している。






関連ページ:菊池凛子インタビューを英語で


ラベル:映画 英語
posted by 番組 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

メアリーケイト熱愛

mary-kate_olsen300.jpg






フルハウスでおなじみのメアリーケイト・オルセンが

デートしていたというニュースからの英語を紹介します。









フルハウスファンの私としては、

キスシーンはあまり見たくないですね。










Mary-Kate Olsen and her man Max Snow went to the Rangers game in NYC last night. These two look great together, and she seems so happy. Maybe their soulmates?



【意味】メアリーケイト・オルセンは恋人のマックススノーとともに昨夜、レンジャースの試合を観戦した。お似合いで、メアリーケイトは楽しそうに見える。ソウルメイトなんだろうか?




【解説】マックス・スノーという男の人は、よくわかりませんが、石油関係の遺産の相続人とかだそうな。写真を見る限り、かっこよくないです。



posted by 番組 at 19:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

菊池凛子さんのインタビューを英語で

いま話題の菊池凛子さん。

彼女のインタビューを海外のサイトで発見したので紹介します。








How do you feel about all this praise and the nominations you've been getting for your performance in Babel?





I'm really thankful for it. I never expected it at all. In Japan we normally don't spend so much time promoting one film. My work on Babel, as an actress I mean, happened so long ago already. The promotion started in Cannes in 2006. After that I went to Paris several times, then L.A., New York, back to L.A. again, New York again, then Marrakech. Between my first audition for this film and actually getting the part, one year passed. That was a really difficult period for me. Then we started shooting, which was also pretty tough. When we finally finished production I breathed a sigh of relief, thinking that it was all behind me.




あなたのバベルでの演技が世界中から賞賛され、たくさんの賞にノミネートされていることをどう思っていますか?





私はとても感謝しています。全然期待していなかったので。日本では普通一つの映画の宣伝にこれほど時間をかけません。私がバベルに女優として関わったのはとても前のことです。プロモーションは2006年にケインズに始まり、それから何回かパリに行きました。その後ロサンゼルスに戻って、ニューヨークにまた行って、マラケシュに行って。私がこの映画のオーディションを受け始めてから実際に役を得るまで1年のときがすぎました。それは私にとって厳しい時間でした。それから撮影が始まって、それも体力的に厳しいものでした。だから撮影が終わったとき、安堵のため息をついたんです。これで終わりだと思って。





オーディションについて



When Iñarritu finally made up his mind, what did he actually say to you?

He said: "I will give you Chieko."

And what was your reaction?

I didn't say anything, all I could do was cry.




イニャリトゥ監督がチエコ役をあなたに決めたとき、彼はなんと言いましたか?

「チエコをあげる」と言われました。


あなたはどのように返事したのですか?


何も言えませんでした。ただ泣いていただけです。




Did you ever have an auditioning experience that was vaguely like that before?



No, never. There isn't really a system of auditions in Japan. That's why there's a lot of typecasting going on. I have my doubts about that system, but I'll need to live with it, I guess. To Alejandro, every candidate was equal. He would treat everybody the same way, whether the actress was famous or a non-professional. That made me feel that I could trust him. I felt that if I was able to create a personality for Chieko, then I would have a real chance to get the part.




そのような曖昧なオーディションを以前に受けたことがありましたか?



ありません。実は日本にはオーディションのような仕組みはないのです。だから俳優に同じような役を割り当てることが起こるんでしょうけど、私はその仕組みと生きていかなければなりません。アレハンドロにとっては、どの候補者も平等でした。彼は全員を同じように扱います。有名であろうが、アマチュアの役者であろうがです。だから私は彼を信じることができました。もしチエコの人柄を演じることができたら、役をもらえるだろうと思うことができたのです。





【感想】海外ドラマ・フレンズでも役者を目指すジョーイはしょっちゅうオーディションを受けています。それを見てアメリカでは日本よりオーディションという仕組みが利用されているのかな、と思っていました。この菊池凛子さんの指摘でわかりましたが、日本では全くないのですね。そのへんは日本は多分、事務所の営業とか力関係で決まっていくんでしょうけど、やはり芸術なら役者の人にも平等にチャンスが与えられる状況が健全なのではないか、と思います。



インタビューソース

http://www.midnighteye.com/interviews/rinko_kikuchi.shtml
posted by 番組 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ブリトニー丸坊主に

アメリカって食べ物とか服とかやたらと大きい。

でもスケールが大きいのはそれだけじゃなくて、

芸能ニュースとかも次元が違う話が出てくる。










そう思わされたのがブリトニーの丸坊主事件だ。












そりゃーだってブリトニーが予想外のことするってみんなわかってたけど、

丸坊主にするなんて、普通の人の想像のレベルを簡単に超えてる。

さすがエンターテイメントの本場・アメリカだなと思う。












britney_bald1_180.jpg
↑現在のブリトニー








ということで、このニュースからの英語を紹介したい。











Britney Spears checked into a rehab facility and then abruptly checked out.







【意味】ブリトニーはリハビリセンターに入り、そこから突然抜け出した。



【解説】日本語ではリハビリと言いますが、英語ではリハブと言うことが多いですね。





And then on Friday, she returned to Southern California – and she shaved her head completely bald.






【意味】それから金曜日に南カリフォルニアに戻り、頭を丸坊主に剃ってしまった。




【解説】注目されたかったんでしょうか。







英語のソースはこちら↓

http://www.people.com/people/article/0,,20012207_20012195,00.html




posted by 番組 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

千の風になってを英語で

今話題の「千の風になって」を英語で紹介したいです。









作者不明なので、著作権は切れていますが

日本語訳は権利があるので、私が訳してみます。

ただ、有名な日本語訳を聞いたことがあるので、影響されることは免れません。








Do not stand at my grave and weep

I am not there; I do not sleep.

I am a thousand winds that blow,

I am the diamond glints on snow,

I am the sun on ripened grain,

I am the gentle autumn rain.

When you awaken in the morning's hush

I am the swift uplifting rush

Of quiet birds in circled flight.

I am the soft stars that shine at night.

Do not stand at my grave and cry,

I am not there; I did not die.









私のお墓の前に立って、泣かないで。

私はそこにいないの。眠ってなんかいない。

千の風になって、

雪の上のダイヤモンドのような光になって、

実った穀物に降り注ぐ太陽になって、

秋のおだやかな雨となって、

あなたの近くにいるの。

静かな朝にあなたが目覚めたとき、

私は輪になって上っていく

鳥の一員となっているの。

夜には星になって

あなたを照らしているの。

私のお墓の前に立って、泣かないで。

私はそこにいないの。眠ってなんかいない。













よければ、日本語訳いつでもコピーして使ってください。

ただしその場合は、このブログにリンクを貼っていただけるようお願いします。







ラベル:英語 英語学習
posted by 番組 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ジョニー・デップインタビュー

今日はジョニー・デップがパイレーツ・オブ・カリビアンについて語った

インタビューから英語を紹介します。









ソースはコチラです。








まずは娘のLilly Roseちゃんについて語った言葉です。




There was a woman at some restaurant who asked what her parents did, and Lilly Rose said, 'Well, my mommy's a singer.' And the lady said, 'Oh, yeah? What does your daddy do?' and she said, 'My daddy's a pirate.'






【意味】レストランで彼女に両親が何をしているのか尋ねた女性がいた。リリーローズは「え〜と、ママは歌手だよ」と答えた。その女性は「本当?じゃあパパは何しているの?」と聞くと、リリーローズは「パパは海賊だよ。」と答えた。



【解説】
かわいいですね〜。パパは海賊。






Gilbert Grape was a rough time for me just in terms of I don't know where I was, emotionally or psychologically.





【意味】ギルバート・グレイプは、私にとっては厳しいものだった。自分が感情的にも心理的にもどこにいるのかわからなかったからね。




【解説】ギルバート・グレイプはジョニー・デップにとって厳しいものだったんですね。




関連ページ:

シザーハンズ

ジョニー・デップ名言

ジョニー・デップ名言2

posted by 番組 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ブリトニー復活

最近、ブリトニーが離婚してセレブライフに復帰してますね〜






パリスと仲良かったとは意外でした。

そういえばお互い気合いそうですし、同い年だそうですね。






ではそんなブリトニーが反省しているニュースからの英語を紹介します。






It's been so long since I've been out on the town with friends.




【意味】私が街に友達と外出していたときから多くの時間がたっていたの。



【解説】その間に、パーティー女王としてのしあがっていたパリスに、いろいろと教わっていたのでしょうか。





I probably did take my new found freedom a little too far.





【意味】私は多分この新しい自由を少し楽しみすぎたわ。



【解説】反省しているわけですね。



応援サイト:ウォルト・ディズニー名言

posted by 番組 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。