2015年02月01日

英語は右脳で学べ/苫米地 英人




苫米地さん、たくさん本を書かれていることは前から知っていましたが、

うさんくさくて、本を手に取ったことなく、

ただトピックが英語で興味があるものだったこともあり、手に取り読んでみました。






一応、私は帰国子女ではない身としては、英語がある程度できる方だと思うのですが、

この本に書いてあることはまともだと思います。





右脳なのか何なのかはおいておくとして、

英語をちゃんと使えるようになるには、日本語から翻訳していては駄目で、

英語で考えて、英語でアウトプットできるようになる必要があり、

そういった英語脳にするために、

いろんな方法が提案されています。





すすめられていた方法の一つが、海外ドラマを見るということで、

ドラマは映画より会話が多く、

かつ興味を持つように作られているので継続しやすい、といったことが書かれていて、

海外ドラマ「フレンズ」を見て、飛躍的に英語力をアップさせた私としては、

とても共感するところがありました。





ただ毎日2時間海外ドラマを見るのは、

普通の社会人にはできないだろうと思いましたが。

(対象は大学生なのでしょうか?)





またリスニングにおいても、リーディングにおいても、

オーディオブックを薦められていて、

是非チャレンジしたいと思いました。

以上。





英語学習者には、

あんな長髪のうさんくさい、肩書きが無駄に多い人は嫌いだわと思って敬遠することなく、

是非、参考にすることを勧めます。
posted by 番組 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。