2014年05月24日

Duolingoは腐った英語学習アプリだと思う

ネットニュースにDuolingoという無料の英語学習アプリが

日本に進出してきたというニュースが出ていたので、

早速やってみた。






結論から言うと腐っていた。

(まだスタートしたばかりだからだろうか?)





まずリスニング問題は、

ネイティブの読み上げではなく、自動テキスト音声合成ソフトによる読み上げである。

なので、発音もきれいじゃないし、こんな不自然な英語聞かない方がいい。






そしてリスニングの例文が

The man had led the village.(その男は村を導いていた。)

とか

He does not exist.(彼は存在しない。)

とか聞き取れても、

どうゆう状況での1文ですか、それは、とつっこみたくなる変な文章が頻出するのである。





和訳の問題も、

When did they write a letter?を日本語訳せよ、という問題が出てきて、

彼らはいつ手紙を書いたのでしょうか?と訳したら、

不正解と出てきて、正解は「彼らはいつ手紙を書いたのですか?」だそうである。

いやいや、意味一緒でしょ!?







創業者がインタビューで、

いつかはTOEICやTOEFLを蹴落として、

Duolingoが代わりに安価で手軽な語学検定を提供したい、

と語っていたのを読んだけど、

このクオリティでは、その未来図は見えてこなかった。

ひとかけらも。
posted by 番組 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397818476

この記事へのトラックバック