2014年05月17日

集団的自衛権を英語で。

The government has long held the view that under international law, it has the right to collective self-defence - which is the right to use arms in stopping attacks on friendly countries.

日本政府は長い間、国際法のもとで日本は集団的自衛権(同盟国への攻撃を止めるために、武力を使える権利)をもつべきだと考えてきた。




BBCのニュースから1文を引用させていただきました。

集団的自衛権はright to collective self-defeceだそうです。






英語でもあまり使われないみたいで、

その後に説明が続いています。






日本の新聞各誌は、賛成・中立・反対と各誌の対応はバラバラですが、

アメリカやイギリスのニュースは、

どれも中立的で、国内や近隣のアジア諸国に物議をかもす安倍首相という感じで、

報道しているところがほとんどのように見受けられます。
posted by 番組 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。