2007年04月22日

TOC理論からの英語

今日は経営学からの英語を紹介します。

TOC理論を提唱した本「ザ・ゴール」の紹介文です。






Eliyahu Goldratt's "The Goal" is an entertaining novel and at the same time a thought provoking business book. The story is about a plant manager, Alex Rogo, whose plant and marriage are going downhill.



【意味】エリヤフ ゴールドラットの「ザ・ゴール」は、楽しめる小説でありながら新しい考えを提唱するビジネス書である。その小説は、工場のマネージャーであるアレックス・ロゴについての話であり、彼の工場の業績と結婚は両方ともうまくいっていなかった。



【解説】「ザ・ゴール」は日本の効率性がさらに上がることを恐れて、18年ほど日本で翻訳されなかったそうです。






A fortuitous meeting with an old acquaintance, Jonah, introduces him to the Theory of Constrains (TOC).




【意味】昔の知り合いであるジョナとの偶然の出会いによって、かれはTOC理論へと導かれていく。



【解説】ジョナは著者自らがモデルとなっているっぽいんですよね。







The goal is to make (more) money, which is done by the following:
1. Increase Throughput
2. Reduce Inventory
3. Reduce Operating Expense




【意味】その目標とは、さらにお金を稼ぐことであり、それは次の3つによって実現される。
1、スループットを増やす
2、在庫を減らす
3、経費を減らす



【解説】ザ・ゴールではこのことを説明するために、ハイキングのメタファーが出てきて、わかりやすいのでおすすめです。




参考:http://www.geocities.jp/studiooprah/report/toc_theory.html
ラベル:英語
posted by 番組 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 04:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。