2014年05月11日

ダルビッシュ投手がまたもやノーヒットノーランを逃したニュースの英語

ダルビッシュ投手惜しかったですね〜

もう少しでノーヒットノーランで9回2アウトで被安打。

あれ、前もなかったっけ?と思った人も多かったはず。

去年も9回まで完全試合で、9回にうたれています。





早速、ニュースを見てみましょう。まずはFOXから。

Are Yu serious? Darvish no-no ended in 9th

本当かよ?ダルビッシュのノーヒットノーランは9回で終わる。




Are You Serious?(本気ですか?)のフレーズのYouをダルビッシュゆうのYouとかけてます。

日本のスポーツ新聞もFOX NEWSもやることは同じですね笑




このニュースを通じて、初めてノーヒットノーランのことを"No-No"と略すことがあることを知りました。






試合後のダルビッシュ投手のコメントはとても彼らしいです。

"Someday, I'll just keep doing what I'm doing and I'll probably have another record of almost a no-hitter."

「いつの日かこれを続けていけば、もう少しでノーヒッターの別の記録を作れるかもしれない。」







あとニュースを見ていて、Shyという単語の使い方がそんな使い方あるんだ!と勉強になりました。

The Japanese ace fell one out shy of a no-hitter for the second time.

日本のエースはまたしてもノーヒッターになるために1アウト足りなかった。





ここでのShyは恥ずかしがり屋とかそんな意味ではなく、

足りないという意味で使われているみたいです。

勉強になりました。




■おすすめサイト

ビジネス英語辞典
posted by 番組 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396792605

この記事へのトラックバック